手作り酵素生活 その2

10日後の様子はこんな感じ。だいぶ底に液がたまってきています。

なんだかんだでばたばたしてしまい、発酵液を漉し始めたのは仕込みから2週間後。

さらしの袋に入れ、ざるに乗せて一晩。自然と落ちるのにまかせるだけ。
それをさらに茶こしで漉して、瓶に詰める。





















発酵しているのでしゅわしゅわの炭酸状態♪
瓶に詰めてもまだ発酵は続いているので、ふたはゆるめておく。
3kgの野草に3.6kgのグラニュー糖で約3lの発酵液がとれました。

さて、気になる香りと味は…
ベースは薬草茶の香り、でもマツを入れたせいか針葉樹系のさわやかな香りで、
けっこうクセの強い蜂蜜、という感じの甘いシロップ。
このなかに天然の発酵菌と自然の酵母、そして自分の皮膚に住んでいる常在菌が生きています。

毎日おちょこ一杯、そのまま飲んでもいいのですが、私は毎朝作る野菜ジュースにプラス。
ジュースもイキイキ酵素くん でしぼっているので、ダブル酵素なジュースでしょ?
加熱するのはよくないので、お茶など熱い飲み物には入れません。

息吹いたばかりの野草の新芽って、見るからにすごい生命エネルギーを発していますよね。

採取したときのそれぞれ姿ってけっこう目に焼き付いていて(↑はクワ)これを飲むたびにその姿が思い出されたり。
ホントにありがとう~、という気持ちになります。
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリー

月別アーカイブ