手作り酵素生活 その1

4月8日、お釈迦さまの生まれた日は、八重山循環型環境連絡会主催の手作り酵素講習会に行ってきた。

あちこちで息吹いている野草を自分の常在菌も利用して発酵させる手作り酵素。
それを飲むと腸内細菌がうーんと増えて元気になるという。楽しみ~♪

当日集まったのは30名ほど。まずは4~5名のグループに分かれて野草を採取。
原野、海岸、森で息吹いている新芽を思い思いにとる。
毒のあるクワズイモとキョウチクトウは避けるけど、それ以外は何でもオッケー。
できる限り多様な種類を入れるのが理想的で、作りやすい量として3kg、
45lのビニール袋にいっぱいの新芽を集めた。

それを川の水で洗い(塩素入りの水道水より、自然の水)

ヒカゲヘゴやマツも入れてみた。

小さく刻む。

これをポリバケツに入れ、1.2倍のグラニュー糖を投入し、まんべんなくかき混ぜる。

ふたをして一日一回、素手でかきまぜること1週間から10日。
家族で飲む場合は全員が交代でかきまぜ、自分の常在菌を加える。

私のいない間は、ジョーさんがかきまぜておりました。
さて、我が家の酵素、どんな具合になってるかしら~
関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリー

月別アーカイブ